自動車保険はマイカーの事故だけじゃない!?

私の自動車保険には、人身傷害保険がついています。
あまり詳しく補償内容を見ていませんでしたので、まぁ、その補償の名前どおり、車で事故を起こした際に、ドライバーや同乗者のケガを補償してくれるものだと考えていました。
しかし、実は、自分が考えているより、もっと幅広い補償をカバーしてくれていたんです。
うちの妻が自転車で近所のスーパーに買い物に行った際、細い道で、重い買い物袋をカゴに載せて、少しバランスを崩したせいもあるのか、車道をギリギリで走ってきた自動車と接触し、転んで、擦り傷と打撲、小指の骨折というケガを負いました。
入院するほどではありませんでしたが、結局1ヶ月近く、病院に通うことになりました。
彼女がよろけたというのもありますが、細い道はやはり危険ですね。
思わぬアクシデントでした。
その際、相手からの賠償より前に、自分が加入している自動車保険を使えることが分かったのです。
私が加入している自動車保険の人身傷害保険は、保険対象の車による事故だけでなく、同居の家族が、車と接触してケガを負った場合も、補償対象だったのです。
しかも、こちらの過失割合には関係なく、相手方との示談交渉が完了していなくても、支払ってくれるというから、驚きでした。
家事がしばらく思うようにできず、家族に迷惑をかけたと落ち込んでいた妻でしたが、保険金である程度まとまったお金が入ったことで、少し、気持ちが持ち直したようです。
いざという時のお金は安心に繋がるんですね。